ポルシェ930 

今回は錆の多い930の作業を紹介します。

着手の状況

今回のポルシェ930は特に錆が多く、あちこちに錆による腐食で穴が空いている状態でした。
カウルトップや

下地作業

パネルが手に入るところは新しいパネルに交換していきます。
手に入らないパネルについては鉄板から作っています。
ポルシェの下地作業で大事なのは錆対策です。

フロントガラスの下側、ピラーの下部分が錆びているポルシェは多く見受けられます。
穴の空いている部分は鉄板で作っていきます。
作業前にEPプライマーで処理をしています(薄い緑プライマーです)